カード会社の主な5つの業務

クレジットカード会社の組織を見てみよう

クレジットカード会社の組織を代表的な銀行系カード会社を例に紹介したのが下である。この組織図を理解するために、白抜きしたタイトルの五つのグループ(経営企画部門、営業部門、与信部門、システム部門、債権管理部門)に着目してみよう。

カード会社の窓口

画像提供元:クレジットカード比較!人気ランキング

営業・・・カード事業の前線部隊

営業の部門では、加盟店募集や提携カード開拓を行う。しかし、同じ営業といっても、いくつもの部門に分かれているのが、カード業界の特徴である。たとえば、加盟店営業、提携カード営業、法人営業、営業総括、EC事業部。グループ法人部などたくさんある。その中のEC事業部では電子決済など新たなカード利用方法や、日常生活に密着したカード利用の提案をしながら加盟企業を開拓していく。営業総括部は消費者のニーズに応じられるクレジットシステムを企画、カードシェアの拡大を推進する。営業部は、母体行と連携して銀行のリテール戦略を補強する営業活動を展開する。

与信・・・信用事故者を排除

与信(信用)部門ではコンピュータを駆使して自社に蓄積されたデータと信用情報機関のデータを組み合わせて不正使用者、信用事故者を発見し、入会させないように努めている。

システムーカード・・・カード情報の運用を円滑化

システム部門は、会員や加盟店の情報(マスターファイル)の保守管理・更新を行い、与信、債権回収部門と連携してカード会社の根幹を支えている。また大容量のコンピュー夕ーを保有している大手カード会社のシステム部門はアウトソーシング業務受託を行い、新たな収益を生み出す部門として成長し始めている。

経営企画・・・カード会社の舵取り役

経営企画部門は会社全体の経営企画や経営管理を担当。企画部は社内総力で取り組むような新しいカードサービスの企画や、マーケティング戦略の企画を行う。法務部は契約書の作成や訴訟問題に対応。また、社内の各部門が法律を遵守しているかとうかを判断するチェック業務も担当している。

 

その他 債権管理・・・収益確保の砦

 

債権管理部門は、会員への利用料金の請求、加盟店への支払いなど債権の管理を行っている。主な目的は貸倒れを防ぎ、利益を確保すること。そして、支払期日に入金が遅れた場合は速やかに電話連絡するなどの督促業務を行っている。また、なおも返済が滞る場合は、会員に支払い計画をアドバイスして、顧客のライフプランを支援するカウンセリングも行っている。

 

【PR】ETCカードの人気比較ランキングBiz(http://www.whiteinbayridge.com/)
ETCカードを利用してお得に高速道路を利用しよう!ガソリン値引き、年会費を無料に! ETCカードの人気比較ランキングを紹介。

 

【PR】クレジットカードおすすめランキング
クレジットカードを作る時に気になるのが年会費。ここでは年会費無料のクレジットカードの中から、サービス内容やカードスペックなどを比較して、価値のあるクレカをご紹介していきます。